やまいぬ農園 ツイッター  フェイスブック  インスタグラム
やまいぬ農園について作物とハーブ地元紹介やまいぬ日記お問い合せ通販のページ
地元紹介〜タイトル


午尾の滝(ごおのたき)
加茂谷地区の深瀬町にある八幡神社の裏には「午尾の滝(ごおのたき)」という隠れた滝の名所があります。かつては「牛王の滝」と呼ばれ、近くの神社に由来する「牛頭天王」が「牛王」と呼ばれていたためにこの名前がついたという説があります。現在は滝の流れが馬の尾に似ていることから「午尾の滝」と呼ばれるようになりました。この滝の見どころは四季折々で変化する滝の流れとその景観です。春は新緑に囲まれ、若馬の尾を思わせる様なすらりとした穏やかな流れを見ることができます。夏の水量が多い時期は「ごおごお」と力強い音を立てて迫力のある滝になり、秋には周りが紅葉し、水量は安定してまさに見頃となります。冬は水量が少なく滝は四季の中で一番細くなりますが、周りに雪が積もると何とも言えない風情ある景観になります。やまいぬ農園で使われている水と同じ水源からの流れで、水質はとても美しく、綺麗な場所にしか生息できない沢蟹、カワゲラ、ヤマトシジミ、アユ等が生息し、また6月にはホタルの幻想的な光を見ることができます。



午尾の滝
猫神さま(ねこがみさま)
阿南市加茂町には通称「猫神さま」と呼ばれる日本三大怪猫伝の一つとして数えられる神社、お松大権現があります。境内には約1万体の招き猫が奉られ、またこの神社の由来であるお松様と猫 三毛について知ることができます。悪人を倒したという伝説から、勝負に勝つ、ということで勝負事にご利益があると言われています。また受験シーズンには合格祈願の場所としても有名で、受験生の参拝客で賑わいます。その他にも家内安全、交通安全とご利益があり、地域の親しみのある神社となっています。ご神体の猫にちなんだ特色あるお札やお守り、絵馬を授与することができ、また地域の特産物や野菜、季節の果物を買うことができます。招き猫も黒や黄金色といった個性豊かで大小さまざまな招き猫を買うことができます。境内にはジャンボ猫、さすり猫、猫不動といった、やはり猫に由来する御神体が多く、参拝客を出迎えてくれます。
 キャラクター画像

猫神さま
蛇石と枕石(じゃいしとまくらいし)
加茂谷地区大井町の東平には、その付近を流れる那賀川の中部に「蛇石と枕石」と呼ばれる奇岩があります。その昔、枕石には大蛇がいて、石を枕にして寝ていたそうです。枕石の真ん中には大穴が開いており、その穴は一山越えたところにある勝浦川まで続いているという言い伝えがあります。「台風などで大水が出たとき、那賀川は濁りが取れるまで時間がかかるが、勝浦川はすぐ濁りが取れる。しかし勝浦川の一部の場所では水が澄まずに不自然に濁ったまま流れる箇所がある」という語り部があることからも、この伝説をより一層信憑性のあるものにしています。大蛇がそこに住み着いているという話を知った弘法大師空海は、大蛇が村人に危害を加えては困ると考え、大きな岩に封じ込めてしまいました。そしてその岩は今でも蛇が鎌首をもたげたように見えることから蛇石と呼ばれるようになりました。今はもうしていませんが、昔まだ橋がなかったころに渡し船や筏の避難場所として利用されていたそうです。また那賀川の増水時に渡し船を渡す目安にもなっていたそうです。

蛇石と枕石
キャラクター画像
やまいぬ農園ホームページ

トップページ  やまいぬ農園について  作物とハーブ  地元紹介  やまいぬ日記(ブログ)

お問い合せ  通販ページ  たいむくんの紹介  やまいぬ農園の概要


フッター